荷造り編

お荷物の種類別の荷造りに関するご注意点やアドバイスをご紹介
いたします。チョットした工夫で、分かりやすく安全に引越しな
引越しができます!

荷造り編

危険!おやめください

”荷づくり”とは、ダンボール箱にまとめて、積み重ねが出来る状態にする事を言います。
破損や紛失を防ぐため、以下のような荷づくりはなさらないで下さい。

  • 紙袋やビニール袋に入れる
  • 本にひも掛けする
  • 自分が持てないような重さにする
  • ふとんの間にガラスを挟む
  • 箱を揺らすとカチャカチャ音がする
  • 下記のような段ボールの組み立て方は底が抜けてしまいますのでお避けください

ケース別上手な荷造りのポイント

衣類(洋服・和服)

MダンボールやハンガーBOXで梱包してください。
和服には和服用ケースがあります。プラスチック製の衣装ケース(1段のもの)の衣類は入れたままひも掛などをしても結構です。
タンスの衣類は入ったままお運びできるものもあります。
担当にご確認ください。

本(書籍・雑誌等)

Sダンボールに入れてください。書籍類は非常に重たくなります。積み重ねてもつぶれないよう、上部に空間ができないようご注意ください。

ふとん・座ぶとん

専用ケースかふとん袋に入れてください。
当社でも引越し用ふとん袋のご用意ができます。

食品

冷凍食品や生ものはお運びできません。また、当社ではクーラーBOXの設備がございません。恐れ入りますが、保冷の必要なものは引越し日までに消費されるか、クーラーBOXをご準備ください。米びつの米はビニール袋などに詰めなおし、ダンボールに入れてください。

ケースが残っている場合は詰めなおし、3〜4足分のひも掛します。その他は底のつま先とかかと側を交互にして合わせ箱に入れます。

引き出しの中身

食器棚などの小型の引出しは、中のものが動かないよう固定し、エアーキャップやタオルなどで引出し全体を包みダンボールに入れると収納が楽になります。ただしこわれ物は避けましょう。

小型電気製品

購入時の箱が残っているものは入れてください。
時計、置物、その他はエアーキャップで全体を包みダンボールに入れます。

ビン類

使いかけのものは、口の部分にビニール袋を巻き、輪ゴムで止めます。密閉できない容器のものは空にしてください。ダンボールに大き目のビニール袋を入れてから、新聞紙などで一本づつ包み、立てて入れます。

植木鉢

MダンボールやハンガーBOXで梱包してください。前日から水を切ってください。
ダンボールに大き目のビニール袋を入れてから鉢を入れると良いでしょう。陶器の鉢は新聞紙などで包んでから並べてください。

人形ケース

人形の首や手などの細い部分はティッシュペーパーや柔らかい紙を巻いて補強します。人形が外れるものは、全体をエアーキャップ※で包み、小さな箱に入れるのが安全です。またはケースの中で人形が動かないよう、紙を軽く丸めて詰めます。ケース全体はエアーキャップで包みダンボールに入れます。
※新聞はインクの汚れが付く場合があるので使用しません。

食器類

クレープ紙で1枚づつ包みSダンボールに入れて
ください。→包み方はこちら
大皿や土鍋などはエアーキャップで梱包してます

ワンポイントアドバイス

会社やご家庭で不要になったシュレッダーの紙くずを適当な大きさのビニール袋に詰めれば緩衝材として使用できます。おためしください!

ページトップ

失敗しない包み方・詰め方

特に食器類や人形は輸送中に割れやすいものです。食器類の梱包は下記を参考にしましょう。

ここがポイント!食器の包み方

カップ類

グラス類

お皿

蓋つきの物

こうすれば壊れない!プロが教える箱詰めテクニック

●詰め物は、たっぷりとすき間のないように詰めましょう。

●箱は必ず赤で、「こわれもの」と書きましょう。

●なるべく箱の中身は同じような物で統一しましょう。

箱詰めテクニック 箱詰めテクニック 箱詰めテクニック 箱詰めテクニック 箱詰めテクニック
まず小さめの箱の底に、クッション材を敷き詰めます。 お皿は必ず立て
てください。
次に、箱にスペースがあったら間仕切りを必ず入れてください。 2段目も同じよに入れます。最後に上部にクッション材を入れます。  

ページトップ

総合編 Q&A | 引越し荷造り編 | 電化製品編 | 手続き編 | 引越しお役立ちツール

単身者の引越し 詳しくはこちら>>

ご家族の引越し 詳しくはこちら>>

事務所移転 詳しくはこちら>>

携帯からも引越し見積り可能!

プラン一覧

ALSOK

プライバシーA410078(01)

ハート引越センターでは、オンリーワンをモットーに、お客様の気持ちにお答えする4つのプランと様々なオプションをご用意しております。見落としがちなチェック項目リストや、引越しの便利な情報をまとめた「ハートの引越しガイド」など引越し準備の情報も満載。ご結婚や転勤、入学などの新生活への第一歩を引越し業者のハート引越センターがお手伝いいたします。引越し料金の見積もり、単身引越しなどお気軽にご相談ください。事務所の引越しもおまかせください。